【米国高配当株】P&Gを購入 連続増配が魅力!

なおねこです。

前から買いたくて買いたくてウズウズしていた米国株、ついに手を出しました!

銘柄は日本でも生活用品でおなじみのP&Gです。ピーアンドジーですね。

全然知らなかったけど正式には、「プロクターアンドギャンブル」という会社名だそうで。

創業者二人の名前からとった社名みたいです。

 

 

 

 

105.78$で8株購入。今落ちてますね。買い足そうかな。

バフェット太郎さん著 「バカでも稼げる米国株高配当投資」を読んで

米国株を買いたいなーと思い、この本を読みました。

25年以上の連続増配銘柄がアメリカには100社以上あることを知りました。ちなみに日本では25年以上の連続増配銘柄は、花王の一社のみだそう。いかにアメリカの景気が強いか思い知らされます。。。

他にも、

・日本の株式市場は世界の時価総額で言えば10%にも満たない小さな市場。一方アメリカは全体の半分を占める。

・日本株は為替と強い相関関係にある。円高になれば再び日本株が売られる可能性が高い。

・アメリカの人口動態から、2034年まではアメリカでは強気相場が予想されている。

などなど、米国株が良いんだろうなーと漠然と感じていたことが、データを元にして具体的に書かれていました。

P&G株を購入した3つの理由

グーグルじゃなくて、アップルでもフェイスブックでもアマゾンでもなく。

私が最初の米国株投資にP&Gを購入した理由です。

私が初めて購入した米国株が「P&G」だった理由は、

①生活用品は好況でも不況でも必要。→不況時でも売られにくい?

②連続増配年数がアメリカの中でもトップクラス。2019年時点で63年連続増配!(これが大きい)

③我が子が初めて使ったおむつがP&Gのパンパース(その後太ももがむっちりし始め、メリーズに変更。)

以上3点です。③はおまけみたいなものですが、保有株に愛着を持つことってけっこう大切だったりしますよね(笑)。長期保有のためにも。

P&Gのチャート・配当

過去10年間のチャートはこんな感じ。


                                      SBI証券HPより

ざっくり右肩上がりで良い感じですね。

そして直近の配当は、楽天証券で調べたところ、1株当たり2.98ドル/年で、現在の配当利回りは2.83%でした。

現在8株持っているので、約24ドル受け取れる計算ですね。税金がひかれるので、実際はもう少し減りますが楽しみです。

おわりに

いやー、買ってしまいました。

米国株デビューして気分は超ルンルンです。なんか投資スキルがワンアップしたような(笑)。

しかし早くも失敗に気づきました!

買うタイミングはいつでもいいのです。買える時で。

為替も、超円高とかは気にしたいと思いますが、私は為替読めないので気にしない。気にできない。

今回失敗したのは、購入単位です。

バフェット太郎さんによると、楽天証券、SBI証券、マネックス証券ともに、米国株の購入手数料は「約定代金の0.45%、最低5ドル~最大20ドル」です。

最低でも5ドルかかるので、購入単位が少ないと手数料率が割高になるとのこと。

どうすれば良いかというと、約定代金が最低でも1120ドル以上になるようにすればよいそうです。今回は8株購入したため手数料率で損をしてしまいました。

微々たるものですがコントロールできることなので、今後は気を付けようと思います。

保有してから、ドラッグストアでP&Gの商品をみて、「ふふふ私は株主」と心の中でつぶやく自分がいます。

早くアップルとかも買いたいなー。

それでは、なおねこでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です